Print Friendly, PDF & Email

ベートーベンのミサソレムニスの感想( ´ ▽ ` )ノ

 

ベートーベンのミサソレムニスの感想に言及する。

第1楽章(@^▽^@)ニコッ


オーケストラの演奏に始まり、合唱に移る(@^▽^@)ニコッ


ミサ・ソレムニスは宗教音楽である(@^▽^@)ニコッ


ミサ・ソレムニスは日本語では「荘厳なるミサ曲」と訳されている(@^▽^@)ニコッ


ベートーヴェンの合唱曲は霊天上界の天使達の歌声を音楽にしているように聴こえる(@^▽^@)ニコッ


おそらくミサ・ソレムニスは第9の後で作曲されたのじゃないかと思う(@^▽^@)ニコッ


ベートーヴェンの吹っ切れた心情が伝わって来るからである(@^▽^@)ニコッ


第2楽章(@^▽^@)ニコッ


第2楽章の英語名はグロリアと読めるから、多分キリストの栄光を歌にしているのじゃないか(@^▽^@)ニコッ


これも混声合唱(@^▽^@)ニコッ


とにかく美しい(@^▽^@)ニコッ


前半は「グロリア」と言う歌声の繰り返し(@^▽^@)ニコッ


後半は「アーメン」と言う歌声も繰り返し聴こえる(@^▽^@)ニコッ


第3楽章クレド(@^▽^@)ニコッ


クレドと言うのは確か「信仰告白」と言う意味だった気がする(@^▽^@)ニコッ


間違いかな(*´-ω・)ン?


これも混声合唱(@^▽^@)ニコッ


前半は「クレド」と言う歌声の繰り返し(@^▽^@)ニコッ


後半は「アーメン」と言う歌声が聴こえる(@^▽^@)ニコッ


第4楽章サンクトゥス


静かな演奏から始まる(@^▽^@)ニコッ


演奏に合唱が絡み、派手な合唱へ(@^▽^@)ニコッ


福音書の「ホサンナ」と言う言葉が繰り返し聴き取れる(@^▽^@)ニコッ


又オーケストラによる静かな演奏に(@^▽^@)ニコッ


それからバイオリンか何かとの協奏(@^▽^@)ニコッ


それからコーラス(@^▽^@)ニコッ


バイオリンと合唱の協奏(@^▽^@)ニコッ


いつの間にか第5楽章ベネディクトゥスに移っている(@^▽^@)ニコッ


確かに荘厳なる合唱(@^▽^@)ニコッ


第6楽章アニュス・デイ


「アニュス・デイ」と言う男声独唱が聴こえる(@^▽^@)ニコッ


これも合唱(@^▽^@)ニコッ


エンディング(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス

新品価格
¥1,873から
(2015/4/20 07:45時点)



PDF