Print Friendly, PDF & Email

 

 

ベートーベン「運命」感想( ´ ▽ ` )ノ

 

ベートーベン「運命」感想に言及する。

第1楽章

有名すぎるメロディ(@^▽^@)ニコッ


素晴らしい(@^▽^@)ニコッ


風のようなメロディライン(@^▽^@)ニコッ


この時期からベートーヴェンは難聴になっていったようだが、「こんな運命には絶対負けないぞ」と言う清々しい決意が聴き取れる(@^▽^@)ニコッ

第2楽章(@^▽^@)ニコッ

静かな楽章(@^▽^@)ニコッ


幸福感に満ちたメロディライン(@^▽^@)ニコッ


この時期の音楽家として充実していたベートーヴェンの心境がうかがえる(@^▽^@)ニコッ

第3楽章(@^▽^@)ニコッ

ここ迄聴くとベートーヴェンの心境が分からない(@^▽^@)ニコッ


とにかくいい曲ではある(@^▽^@)ニコッ


運命の喉元をしめつけてやる」と言う決意表明か(@^▽^@)ニコッ

第4楽章(@^▽^@)ニコッ

分からない(@^▽^@)ニコッ


既に運命に打ち勝った気でいるのか(*´-ω・)ン?


とにかく力強い楽章(@^▽^@)ニコッ


難聴初期に作曲されたので、こんな楽観的な楽章になったんじゃないか(@^▽^@)ニコッ


後のベートーヴェンの苦悩を思うと泣けてくる( ´Д⊂エーン


終曲(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェン:交響曲第5運命&7番

新品価格
¥1,452から
(2015/5/2 11:47時点)




PDF