Print Friendly, PDF & Email

 

 

ベートーベンの交響曲田園の感想( ´ ▽ ` )ノ

 

ベートーベンの交響曲田園の感想に言及する。

僕はベートーヴェン交響曲「田園」はベートーヴェンの自伝に相当する曲だと思いました(@^▽^@)ニコッ


その根拠はベートーヴェン自身がこの曲は田園スケッチじゃないと明言している事です(@^▽^@)ニコッ


では、そうした考えに基づき解説致します(@^▽^@)ニコッ

第1楽章(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェンの生まれ故郷の田園風景を思い浮かべつつ作曲されたものだと思います(@^▽^@)ニコッ

第2楽章(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェンの幼少時代(@^▽^@)ニコッ

第3楽章(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェンの青年期(@^▽^@)ニコッ

第4楽章(@^▽^@)ニコッ

難聴になってからの激動の運命の時代(@^▽^@)ニコッ


あんまり可哀想で泣けてくる。゚(PД`q。)゚。


ベートーヴェンの苦悩がメロディから伝わって来る(=_=)

第5楽章(@^▽^@)ニコッ

苦悩を突き抜けて涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)の境地(@^▽^@)ニコッ


歓喜へと(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

新品価格
¥3,186から
(2015/5/3 06:58時点)



PDF