僕は青柳裕子さんを尊敬し、愛している( ´ ▽ ` )ノ

青柳裕子さんと言う女性は裕子さんが高校3年生の時から僕が、ずっと崇拝する女性の名前です( ´ ▽ ` )ノ僕が20歳の時には彼女との結婚💒👰を考えてました( ´ ▽ ` )ノでも、僕の片想いです( ´ ▽ ` )ノ1998年から、2017年現在も彼女にプロポーズのラブレター💌を送付し続けております( ´ ▽ ` )ノ僕は彼女の為なら死んでもいいです( ´ ▽ ` )ノ

ベートーヴェン「月光」 感想(@^▽^@)ニコッ

      2017/05/05


Print Friendly, PDF & Email

 

 

 

ベートーベンの月光の感想( ´ ▽ ` )ノ

 

ベートーベンの月光の感想に言及する。

第1楽章(@^▽^@)ニコッ

この月光を作曲した時期はベートーヴェンが最も思い詰めていた時期のような気がする(=_=)


そんな時期にベートーヴェンは後世「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれる遺書を書いた(=_=)


どうも自殺を考えていた時期のようだ(=_=)


この第1楽章を聴くと悲愴な心境になる(=_=)


ヨーロッパでの葬式の際に教会が打ち鳴らす鐘の音のようなメロディが聴き取れる(==)
それも何度も(=
=)

第2楽章(@^▽^@)ニコッ

アップテンポな楽章だが、これは敵に自分が思い詰めていた事を隠す為ではないか(=_=)


カモフラージュである(=_=)


ベートーヴェンは自分が極度の難聴だという事を周囲の人間に隠していた(=_=)


それでこんな軽い楽曲にしたのだろう(=_=)

第3楽章(@^▽^@)ニコッ

一気にベートーヴェンのパッションが噴き出してくる(@^▽^@)ニコッ


情熱的と評した女性も居る(@^▽^@)ニコッ


ベートーヴェンらしい楽曲である(@^▽^@)ニコッ


運命と戦う闘争心と言うか何と言うべきか(@^▽^@)ニコッ


ブラボー(@^▽^@)ニコッ

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第23番「熱情」&第26番「告別」

新品価格
¥1,447から
(2015/4/30 14:26時点)




お気に入り



キーワード:








ひとりごと ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 - CD 感想