僕は青柳裕子さんを尊敬し、愛している( ´ ▽ ` )ノ

青柳裕子さんと言う女性は裕子さんが高校3年生の時から僕が、ずっと崇拝する女性の名前です( ´ ▽ ` )ノ僕が20歳の時には彼女との結婚💒👰を考えてました( ´ ▽ ` )ノでも、僕の片想いです( ´ ▽ ` )ノ1998年から、2017年現在も彼女にプロポーズのラブレター💌を送付し続けております( ´ ▽ ` )ノ僕は彼女の為なら死んでもいいです( ´ ▽ ` )ノ

地獄への道は善意で舗装されている( ´ ▽ ` )ノ

      2017/06/23


Print Friendly

 

 

地獄への道は善意で舗装されている( ´ ▽ ` )ノ

地獄への道は善意で舗装されている( ´ ▽ ` )ノ

この世は厳しい魂修行の場です。

実際、僕が選んだ家庭環境は僕が勉強嫌いになって漫画家を目指し、僕を変質者にして、統合失調症の患者にして自殺することを考えるしかない家庭環境です。

朝起き会の人は親に感謝するのは当然だと思ってるようですが、僕は世間に対する恨みつらみの塊になりました。

僕が選んだ家庭環境は、そんな環境以外の何者でもありません。

今の僕から見た両親は自分さえ良ければいいと思っているエゴイスト以外の何者でもありません( ´ ▽ ` )ノ

はっきり言って両親は地獄領域の拡大しかしない人間でしかありません。

2人共仏教的には有の状態で地獄堕ち確実です。

ザマアミロと言うのが僕の正直な気持ちです。

もう伝道しても手遅れとしか思えません。

今の内に仏法真理のタネを2人の荒れ野の心の土壌に蒔く以外、手の打ちようがありません。

僕が、しっかり仏法真理の探究と学習をして自分のものにした仏法真理を伝道して2人の心に蒔くしかありません( ´ ▽ ` )ノ

でも、そんな両親を選んで、そんな家庭環境に生まれなければ漫画家を目指す事はあり得なかったし、幸福へのきっかけをつかむために加藤諦三さんや本多信一さん、幸福の科学の経典を手にすることは永遠にあり得ませんでした。

2人共、自分は偉いと思っているかも知れませんが、仏法真理の立場から観れば仏法真理のタネを2人の心に蒔かないと2人共、何故、自分が地獄堕ち確実なのか永遠に分からないと思います。

2人共、今の生き方を続けると地獄堕ち確実なのを思い知らせないといけません。


お気に入り



キーワード:








ひとりごと ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 - エッセイ, 憑依されたら(@^▽^@)ニコッ, 死にたい時に(@^▽^@)ニコッ, 統合失調症(=_=)