僕は青柳裕子さんを尊敬し、愛している( ´ ▽ ` )ノ

青柳裕子さんと言う女性は裕子さんが高校3年生の時から僕が、ずっと崇拝する女性の名前です( ´ ▽ ` )ノ僕が20歳の時には彼女との結婚💒👰を考えてました( ´ ▽ ` )ノでも、僕の片想いです( ´ ▽ ` )ノ1998年から、2017年現在も彼女にプロポーズのラブレター💌を送付し続けております( ´ ▽ ` )ノ僕は彼女の為なら死んでもいいです( ´ ▽ ` )ノ

女優水月ゆうこのスピリチュアルメッセージ 感想( ´ ▽ ` )ノ

   


Print Friendly, PDF & Email

 

 

女優水月ゆうこのスピリチュアルメッセージ 感想( ´ ▽ ` )ノ

女優水月ゆうこのスピリチュアルメッセージ 感想( ´ ▽ ` )ノ

表紙に水月ゆうこさんが写っております。

女の色気が伝わってきます。

僕にとって青柳裕子さん以外の女性は性欲処理の材料でしか有りません。

僕にとって青柳裕子さんは信仰対象で女神です。

で内容に入ります( ´ ▽ ` )ノ

水月ゆうこさん守護霊も「君のまなざし」での演技は大根とかタクアン扱いして謙虚に受け止めているのが分かりました。

正直言って今まで鑑賞した幸福の科学の映画は、どれもこれも一般人の鑑賞眼に耐えない作品ばかりで、はっきり言って自己満足の域を出ない作品群でしか有りません。

一般人にとって映画は面白いのかどうかが唯一の問題です。

映画の当日鑑賞料金は成人1800円で結構痛い出費です。

だから、1800円も出してわざわざ遠方から観に行った映画がつまらない映画だったら普通は許してくれません( ´ ▽ ` )ノ

僕が、ココで「君のまなざし」をけちょんけちょんにけなしたのは一般人の意見を代表していると思って謙虚に受け止めて頂きたいと思います。

映画は監督にとって1作1作が監督生命がかかった真剣勝負です。

遊び半分で作った映画に対して一般人は決して許しません。

水月ゆうこさんは巫女が神に仕える仕事だと言うのは分かってらっしゃると思いますが、巫女を経験した事が無いのではないでしょうか?

何となく、そんな気が致しました。

巫女のバイトは女子大生の憧れのバイトらしいし実際インターネットでも巫女のバイト募集しているページがあります( ´ ▽ ` )ノ

ファイナル・ジャッジメントに対してはアンチ幸福の科学はけちょんけちょんにけなしてましたが、歌詞だけはアンチにも好評でした。

僕も映画館で観たばかりの頃はレビューでもアンチに同調しました。

でも、DVDを買って再鑑賞したら映画に対する見方が逆転してボロ泣き致しました。

幸福の科学の映画は、僕に対しては、そんな逆転現象が起きたので、「君のまなざし」もDVDを買って再鑑賞したら映画に対する見方が逆転するかも知れません。

世の中の女性は全員が全員女神を目指している筈です。

だから、レイプしたり誘惑したりして女神候補生の将来を潰す事は絶対にあってはなりません( ´ ▽ ` )ノ

スピルバーグ作品には遊びで作った映画と一切妥協無しの映画があります。

スピルバーグ作品には遊びで作った映画と一切妥協無しの映画があります。

遊びで作った映画は新人発掘を意図して手抜きした感が有り、私は、その映画のタイトルすら完全に忘れました。

でも、「太陽の帝国」「シンドラーのリスト」は一切妥協無しなのが分かります。

遊び半分で映画を制作するのはスピルバーグレベルの超一流の成功者だけに許されます。

映画機動警察パトレイバー1と2、もしあの作品を制作する順番が逆だったら押井守さんの監督人生はアウトです( ´ ▽ ` )ノ

実は押井守さんはメジャー受けする作品を制作する気が、はなから無く「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」後は干されている状態で映画機動警察パトレイバーの監督もイヤイヤ引き受けただけです。

押井守さんが監督を引き受けなかったら世界の押井守は絶対生まれませんでした。

押井守さんが未だTVアニメに関与していた時期に制作したアニメにヤッターマンシリーズがあります。

コレはドロンじょと言う女の悪役がラスト必ず全裸同然の姿で撃退されるTVアニメです。

ポケモンは、このようなポルノアニメに対するアンチテーゼとして発案され日本国民の支持を得ました( ´ ▽ ` )ノ

日本国民が観たいアニメは親子揃って安心して観られるアニメです。

うる星やつらに押井守さんが関与して原作者の高橋留美子さんはうる星やつらを通して自分が押井守さんに犯されているようだと不快感を表明していらっしゃいました。

僕が高橋留美子さんのコメントを知ったのはつい最近で僕は高橋留美子さんの押井守評で押井守さんに対する見方は間違ってたかな⁇と思いました。

僕は「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」を見て押井守さんには将来性があると勘違いしましたが、もし当時ヤッターマン制作に関与していたのが押井守さんだと知ってれば、押井守さんに対する評価は、もうちょっと公正になっていただろうと思います( ´ ▽ ` )ノ


お気に入り



キーワード:








ひとりごと ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 - 宗教法人幸福の科学