僕は青柳裕子さんを尊敬し、愛している( ´ ▽ ` )ノ

青柳裕子さんと言う女性は裕子さんが高校3年生の時から僕が、ずっと崇拝する女性の名前です( ´ ▽ ` )ノ僕が20歳の時には彼女との結婚💒👰を考えてました( ´ ▽ ` )ノでも、僕の片想いです( ´ ▽ ` )ノ1998年から、2017年現在も彼女にプロポーズのラブレター💌を送付し続けております( ´ ▽ ` )ノ僕は彼女の為なら死んでもいいです( ´ ▽ ` )ノ

佐倉哲 批判 仏典と無我、信仰について( ´ ▽ ` )ノ

      2017/08/21


Print Friendly, PDF & Email

 

佐倉哲と仏典

佐倉哲無我説が現代仏教学の受け売りでしかない事を前提に更に佐倉哲を批判する。

佐倉哲は幸福の科学グループ創始者兼幸福実現党総裁大川隆法先生👨‍🏫を低俗呼ばわりしてはばからず自分を仏教の専門家に見せる為に仏典を持ち出して無我説を無霊魂説だと主張したり、仏陀は信仰について教えてないと主張したりしている。

ちなみに、佐倉哲とは対照的に、大川隆法先生に知性と教養をひけらかす気持ちは全く無く、小学4年生でも分かる言葉(大和言葉)を選んで説法なさっているだけである( ´ ▽ ` )ノ

僕は中村元さんが翻訳なさったパーリ語仏典だけじゃなく佐倉哲が金科玉条の如く引用する中部経典(マッジマニカーヤ)も1冊買って研究したが、中村元さんの仏典訳だけじゃなく中部経典も信仰はあって当然と言う箇所がかなり頻繁に出てくる。

僕は正直言って意味不明な翻訳が羅列してあるだけの翻訳仏典を読んでてゴミの山⛰🏔から砂金を拾うかの如き難渋さを感じた( ´ ▽ ` )ノ

アンチ幸福の科学が崇拝する、佐倉哲が崇拝する仏陀像はまがい物だと言っても良いと思う( ´ ▽ ` )ノ

正直言って佐倉哲と麻原彰晃が重複して見えた。

2人に共通しているのは2人共仏典を持ち出してやってる事は詐欺師だと言う事である( ´ ▽ ` )ノ

佐倉哲が仏典を持ち出して主張する無我説に対する批判

 

佐倉哲が仏典を持ち出して主張する無我説に対する批判

私は幸福の科学の無我説が余程真実を伝えていると思うので、幸福の科学の教えを根拠として佐倉哲の無我説を批判する( ´ ▽ ` )ノ

幸福の科学では無我とは肉体感覚に基づいて出来上がっている我(過去の教育、思想、信条によって出来上がった自分のハート)を無にしなさいと言っているし、インドの仏典を古代支那の学僧が誤訳することは有り得ない事(鳩摩羅什さんの誤訳は玄奘三蔵先生によって指摘されたが、コレは例外だろう)を前提に主張する。

仏教学が言うように無我が実体としての我・ 霊魂が無いと言うなら漢訳仏典に出るインドの仏典の翻訳は我無となる筈である。

これは漢文の文法では常識である。

漢文は文系進学校なら、何処でも教えているから、高校の国語の先生に👨‍🏫👩‍🏫聴いてみると良い( ´ ▽ ` )ノ

だから、佐倉哲が出張する無我説は漢文の文法に関する無知を露呈している( ´ ▽ ` )ノ

コレが佐倉哲の無我説に対する批判である( ´ ▽ ` )ノ

尚、無我説を無霊魂説だと主張したルーツは宇井伯寿さんである( ´ ▽ ` )ノ

「サンユッタニカーヤ1神々との対話」の巻末注釈の中村元博士による無我=無霊魂説への反論

 

「サンユッタニカーヤ1神々との対話」の巻末注釈の中村元博士による無我=無霊魂説への反論

サンユッタニカーヤの対応漢訳仏典は雑阿含経らしく中村元さんによれば神様が、修行僧が真人(阿羅漢)の悟りに達した場合は我と言う言葉を使用して良いか質問したのに対して仏陀は「使ってよし」(何言説有我)と許可を与えていらっしゃいます。

何言説有我:何(いず)れか言う我を有ると説く(この場合の有るとは実在を意味する)

実在とは、われわれがそう思うからそこにあるように見えるというのではなく、われわれと離れて別に、客観的に存在するもの。哲学用語。本当の存在。

旧約聖書に有る「有りて在る者」とは実在する者を指す( ´ ▽ ` )ノ

佐倉哲の無我説は中村元さんの無我説の受け売り

佐倉哲の無我説は中村元さんの無我説の受け売り

中村元さんの無我説は仏陀は修行僧が悟りを得る為にはあの世はあるか無いか、霊魂は有るのか無いのかなどの形而上学的ドグマは不要と考えていたと言うものらしい( ´ ▽ ` )ノ

佐倉哲が頻繁に中村元さんの著書を転載しているのを見ても相当小さな頃から影響を受けていた事がうかがえる。

佐倉哲エッセイ集を閉鎖に追いやる為には中村元さんの著書も買わないといけないのかもしれない。

正直言って資料価値を考えるとインド哲学博士の著書を買うのはインド哲学に関する2次資料を買うのと同じだから、お金の無駄のような気がする。

それよりも仏典と外典、Q資料、死海文書などの1次資料を買い揃えた方が私的研究には実りがあると思う。

中村元さんの著書を買うことは中村元さんが地獄に堕ちた原因が判明して中村元さんを昇天させるぐらいの役には立つかと思う( ´ ▽ ` )ノ

正直言って、どうしよう⁇である。

 

情報ソース


お気に入り



キーワード:








ひとりごと ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 - 仏教思想(@^▽^@)ニコッ