Print Friendly, PDF & Email
 

ビバルディの四季のレビュー( ´ ▽ ` )ノ

これからビバルディの四季のレビューを致します。

ビバルディの四季は聴きながら泣いた経験があるので、思い入れが深いです。

ではレビューを始めます。

第1楽章

有名なメロディが聴こえます( ´ ▽ ` )ノ

ビバルディの四季と言えば、この第1楽章を知っている方が大多数でしょう。

以前はショッパーズダイエーでもよく流れてました。

全体的に明るいメロディです。

春の光を感じます。

思春期の明るさかな⁇

楽観的な思春期を彷彿と感じます( ´ ▽ ` )ノ

第2楽章

この楽章は泣けます。

愛を知ると人は自然涙脆くなるんじゃないでしょうか?

第3楽章

愛する人がいることの幸福感をメロディにしているように感じます( ´ ▽ ` )ノ

愛を音楽にしているように感じます。

第4楽章

愛の情熱を音楽にしているように感じます。

それとも愛する人が自分のことを、どう思っているのか気になることをメロディにしているようにも感じます。

やはり愛の情熱を音楽にしているように感じます。

第5楽章

愛が悲しみと情熱を伴っていることを音楽にしているように感じます( ´ ▽ ` )ノ

第6楽章

愛する人がいると自然に、のぼせ病(ディズニー映画バンビ用語)にかかります。

それを音楽にしているように感じます。

愛の悲しみが音楽になってます。

愛の幸福感も音楽にしてますね( ´ ▽ ` )ノ

第7楽章

愛の悲しみがいきなり出ます。

ハープシコード(チェンバロ)が愛の悲しみを表現してます。

それから愛の喜びを表現してます。

ヤル気が出ますね( ´ ▽ ` )ノ

愛する人と結婚出来るなら何だってすると言うモチベーションが出ます。

第8楽章

愛の不安を音楽にして、それから愛の情熱につなげてます。

愛してる❤愛してるそれだけです( ´ ▽ ` )ノ

第9楽章

愛する人と結ばれてハッピーエンドになったところをイメージして音楽にしているように感じます。

幸せで一杯です。

第10楽章

愛の不安を導入部分にして愛する人に言い寄ってる楽章です( ´ ▽ ` )ノ

それから愛の情熱を相手に伝えている楽章です。

コレで以上です。

 

 

参照リンク

ウィキペディアでの四季の解説

ビバルディの人となり



PDF